トップ

映画字幕をペイントで隠してチェックシートのように勉強することが可能です。

 

字幕映画のセリフをそのまま単語帳へ切り取りフォルダ管理することが可能です。写真のイメージをみながらスピーキング学習として自分の声を録音してトレーニングするアプリとしておすすめです。

 

アルバムの写真を単語帳とすることも可能です。手書きの字幕の他、テキストベースでノートを取ることも可能です。テストモードでは出題率を設定できるので苦手な単語など効率的な復習が可能です。

 

Catch Questionとは引っ掛け問題と訳されることもあります。幼少の頃、「なぞなぞ」でよく遊んだ私にとって、こうした問題は格別で解けた時の感動などいまだに記憶に残るものもあります。

受験資格取得試験の勉強語学学習や企業トレーニングなどいずれにしても何か物事を学ぶ時、単調で無機質に学ぶのではなく、こうした謎々を絡めると学習効率が上がることに気づいた私はこうしたものを他の人にも役立ててもらいたいと思い本アプリを立ち上げました。特に癖のあるなぞなぞほど頭に残りやすく、根本的な事柄を深く考えさせてくれるものです。私の開発したCatch Questionsは物事をなぞなぞ形式でまとめることを目的としております。英語などの語学学習をはじめ、プレゼンテーショントレーニング、大学・企業研究プログラミングの勉強、音楽の作曲などさまざまな創造の世界で活躍する皆様をこのアプリを通じて少しでもご支援させていただければと願っております。

Catch Questionsでは記憶の本質にもとづぐ5つの学習法をコンセプトとしております。

 

  • 1.反復学習
    繰り返し覚えることは基本の基本ですが、特に大切なことは忘れそうなタイミングで繰り返すということです。本アプリでは出題率を設定することで効率的に忘れそうなものを厳選して反復学習することができます。
    2.連想記憶
    似た記憶は結びつけて覚えるとより体系的に把握することができます。本アプリ独自の機能の一つであるCatchワードを設定することで項目をひとまとまりにし、効果的な連想を可能とします。
    3.映像認識
    人の記憶は癖があるほど、感情が動かされるほどこびりつきやすく忘れられなくなるものです。あなたのこれまでに撮りためた写真などはまさに素晴らしい思い出となり、格好の教科書となります。それは数字や文字と違い、脳が理解しやく、時に懐かしさや幸福感、熱意が振るい立たせられることもあるからです。こうした感情が動く映像ほど半永久的な記憶となり、無意識のうちに創造の源となるようです。
    4.創造発声
    本アプリのゴールとして想像して創造することを目的としております。是非、自作問題集でテストし自問自答にトライしてみてください。記憶は引き出すことを繰り返すことでも強固となります。この際、物事を丸暗記するのではなく少し変化を持たせながら記憶を引き出すことが新しい創造につながります。覚えた記憶を漠然と引き出し見つめなおすこと。これを可能とするのがスピーキングと思っております。スピーキングは記憶を引き出すスピードが素早い反面、時にエラーが起こることがあります。しかし、このエラーこそがオリジナルであり、自分の持つ多彩な表現に応用されていきます。私はこうしたエラーの積み重ねこそ、人の創造力につながると信じております。このように自分の肉声を録音し分類することも本アプリの特徴となります。
    5.社交刺激
    最後に学習する上で最も不可欠なことは言うまでもなくモチベーションです。ただ一人で地道に行っているのではなかなかモチベーションは上がらないものです。そこで、本アプリでは同じ志を持つ仲間から投稿された疑問も閲覧できるように本ホームページでCQ掲示板を設けております。この掲示板は気になるQuestionをアプリへダウンロードすることも可能で様々な同志のQuestionを自分のコレクションとして共有できるようになっております。もちろんCQポイントがたくさん溜まった方はPCよりQuestionsを入力し、一括ダウンロード目的として個人利用いただけます。ただし、アップロードされたQuestionsは皆様の共有財産となります。
    ※ その他外国語学習について
    最後に日本語、英語以外の外国語の言語を学習の皆様にはあらかじめ本アプリではなくiPhoneの設定で他言語キーボードを追加した上で本アプリをご利用いただけると幸いです。
    他言語キーボードの追加方法は「iPhoneのホーム画面」→「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加・・」→ここでお好きな言語が選択できます!
    iPhoneの設定一般より様々な外国語の言語入力設定が可能です。英語の他、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語、韓国語はCatch Questionsの例題としてもインストールされております。
    2016年3月現在iPhoneで追加可能な他言語キーボードは以下となっております。
  • アイスランド語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、ウクライナ語、ウルドゥ語、エストニア語、オランダ語、カタロニア語、ギリシャ語、グジャラート語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、セルビア語、タイ語、タミール語、チェコ語、チェロキー語、チベット語、テルグ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェー語、ハワイ語、ハンガリー語、パンジャブ語、ヒンディー語、フィリピノ語、フィンランド語、フラマン語、フランス語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ベンガル語、ポーランド語、ポルトガル語、マケドニア語、マラッタ語、マレー語、ラトビア語、リストアニア語、ルーマニア語、ロシア語、英語、韓国語、中国語