【サーバー技術者認定資格】LinuxのOS操作を学習しLPIC資格の勉強と試験対策に

%1 シェル変数と環境変数の違いは何か?Linuxコマンドの基本を根本的に考えてみる

シェル変数と環境変数の違いはわかりそうでわからない。普段何気なく使っているexportの意味は一体何なのか?Linuxコマンドの基本を根本的に考えます。

%2 シェル変数の確認方法! setとenvでどう違う?setに秘められたシェルの設定

シェル変数の確認方法です。ついでに環境変数の確認方法もお伝えします。setとenvコマンドでは何が違う?setに秘められたシェルの環境設定なども解説

%3 コマンドの履歴確認! bashとzshで違うhistoryコマンドの挙動から履歴削除に

Mac BigSurではターミナルがbashからzshの環境になっております。LPICの問題ではbash環境で問題が作成されるため、historyなどの履歴確認コマンドでは注意する点があります。

%4 CUIファイル操作の基本 - 複数のファイル指定で使える特殊記号での正規表現の書き方

CUIのファイル操作の基本です。複数のファイルを指定するのに使える特殊記号を紹介し、正規表現の書き方について勉強します。オプション指定での気を付けるべきポイントなども解説します。

%5 tarコマンドの基本 - オプションcf xfの意味からアーカイブと圧縮の違いを確認

tarコマンドの基本を勉強します。cfやxfなどオプション指定の意味を確認し、gzipコマンドと比較しながらアーカイブや圧縮操作の挙動の違いを確認します。

 

%6 リダイレクト標準出力 - ログ出力エラーでお馴染み /dev/null > 2>&1

リダイレクト標準出力やそのログの出力エラーで表示される仕組みを勉強します。/dev/null > 2>&1 などこの記述にどのような意味があるのか基本的なところを解説します

%7 コマンド連結のパイプ - 複数のコマンドを1行で同時に実行し実行結果を次に渡す方法

コマンド連結するパイプの機能について細かく解説します。どういう実行結果が次に引数として渡されるのか?またエラーだった場合にコマンドがどのように動くのかその挙動を確認します。

%8 文字列の置き換え - trやsedなど基本的な文字列操作からodなど改行コードの処理も

文字列の置き換えの基本としてLinuxコマンドのtrやsedについて学習します。odで改行コードの確認もできるのでWindowsテキストの改行コードの処理にも応用できます。ASCIIなど文字化け対策などに使えます。

%9 表データ閲覧に便利なコマンド - cut wc split join使えば表アプリ不要

LinuxのCUI環境で表データの閲覧に便利なコマンドを紹介します。cut wc split joinなど標準で使えるコマンドのため、特別なアプリのインストールは不要です。

 


ITエンジニア向け英文読解の基本文法のまとめ

↑書籍も執筆しておりますのでよろしくお願いします。